国外へ渡航される方へFOR TRAVELER

アメリカに渡航される方へ

2021年12月2日、アメリカ政府が海外からの渡航者に対して出発前3日以内の取得を求めていた新型コロナウイルスの遺伝子検査の陰性証明書を、出発前1日以内に厳格化すると発表しました。

陰性証明書の有効期間が1日以内と短いですが、当院ではその場で検査結果が判明し、渡航用の英文陰性証明書をお渡しできますのでご利用ください。

当院が確認した2021年12月27日時点ではアメリカ本土も、ハワイ州も当院で発行するNEAR法での陰性証明書で隔離が免除されます。

また、渡航に関する条件は急に変更されることがありますので、必ずご自身でアメリカ大使館などで確認してください。

イギリスに渡航される方へ

イギリスへ渡航する際はワクチンパスポート保有者/非保有者ともに陰性証明書が必要です。

当院が確認した2021年12月27日時点ではイギリスでは、当院で行うNEAR法でも渡航が可能と思われます。
有効期間は検体採取日時が出国前の48時間以内である必要がありますのでお気をつけください。

また、渡航に関する条件は急に変更されることがありますので、必ずご自身でイギリス大使館などで確認してください。

イタリアに渡航される方へ

イタリアへ渡航する際はワクチンパスポート保有者/非保有者ともに陰性証明書が必要です。

当院が確認した2021年12月27日時点ではイタリアでは、当院で行うNEAR法でも渡航が可能と思われます。
有効期間は検体採取日時が入国前の72時間以内である必要がありますのでお気をつけください。

また、渡航に関する条件は急に変更されることがありますので、必ずご自身でイタリア大使館などで確認してください。

インドに渡航される方

インドへ渡航する際はワクチンパスポート保有者/非保有者ともに陰性証明書が必要です。

当院が確認した2021年12月27日時点ではインドではRT-PCR法が求められるため、当院で行うNEAR法では渡航ができないと思われます。

また、渡航に関する条件は急に変更されることがありますので、必ずご自身でインド大使館などで確認してください。

タイに渡航される方へ

タイへ渡航する際はワクチンパスポート保有者/非保有者ともに陰性証明書が必要です。

当院が確認した2021年12月27日時点ではタイではRT-PCR法が求められるため、当院で行うNEAR法では渡航ができないと思われます。

また、渡航に関する条件は急に変更されることがありますので、必ずご自身でタイ大使館などで確認してください。

ドイツに渡航される方へ

ドイツへ渡航する際はワクチンパスポート保有者は陰性証明書が不要ですが、非保有者は陰性証明書が必要です。

当院が確認した2021年12月27日時点ではドイツでは、当院で行うNEAR法でも渡航が可能と思われます。
有効期間は検体採取日時が入国前の72時間以内である必要がありますのでお気をつけください。

また、渡航に関する条件は急に変更されることがありますので、必ずご自身でドイツ大使館などで確認してください。

トルコに渡航される方へ

トルコへ渡航する際はワクチンパスポート保有者は陰性証明書が不要ですが、非保有者は陰性証明書が必要です。

当院が確認した2021年12月27日時点ではトルコでは、当院で行うNEAR法でも渡航が可能と思われます。
有効期間は検体採取日時が入国前の72時間以内である必要がありますのでお気をつけください。

また、渡航に関する条件は急に変更されることがありますので、必ずご自身でトルコ大使館などで確認してください。

フランスに渡航される方へ

フランスへ渡航する際はワクチンパスポート保有者/非保有者ともに陰性証明書が必要です。

当院が確認した2021年12月27日時点ではフランスでは、当院で行うNEAR法でも渡航が可能と思われます。
有効期間は検体採取日時が出国前の48時間以内である必要がありますのでお気をつけください。

また、渡航に関する条件は急に変更されることがありますので、必ずご自身でフランス大使館などで確認してください。

ベトナムに渡航される方へ

ベトナムへ渡航する際はワクチンパスポート保有者/非保有者ともに陰性証明書が必要です。

当院が確認した2021年12月27日時点ではベトナムではRT-PCR法が求められるため、当院で行うNEAR法では渡航ができないと思われます。

また、渡航に関する条件は急に変更されることがありますので、必ずご自身でベトナム大使館などで確認してください。

マレーシアに渡航される方へ

マレーシアへ渡航する際はワクチンパスポート保有者/非保有者ともに陰性証明書が必要です。

当院が確認した2021年12月27日時点ではマレーシアではRT-PCR法が求められるため、当院で行うNEAR法では渡航ができないと思われます。

また、渡航に関する条件は急に変更されることがありますので、必ずご自身でマレーシア大使館などで確認してください。

韓国に渡航される方へ

韓国へ渡航する際はワクチンパスポート保有者/非保有者ともに陰性証明書が必要です。

当院が確認した2021年12月27日時点では韓国では、当院で行うNEAR法でも渡航が可能と思われます。
有効期間は検体採取日時が出国前の72時間以内である必要がありますのでお気をつけください。

また、渡航に関する条件は急に変更されることがありますので、必ずご自身で韓国大使館などで確認してください。

台湾に渡航される方へ

台湾へ渡航する際はワクチンパスポート保有者/非保有者ともに陰性証明書が必要です。

当院が確認した2021年12月27日時点では台湾ではRT-PCR法が求められるため、当院で行うNEAR法では渡航ができないと思われます。

また、渡航に関する条件は急に変更されることがありますので、必ずご自身で台湾大使館などで確認してください。

中国に渡航される方へ

中国へ渡航する際はワクチンパスポート保有者/非保有者ともに陰性証明書が必要です。

当院が確認した2021年12月27日時点では中国ではRT-PCR法が求められるため、当院で行うNEAR法では渡航ができないと思われます。

また、渡航に関する条件は急に変更されることがありますので、必ずご自身で中国大使館などで確認してください。