「未分類」カテゴリーアーカイブ

窓やベランダからの転落

みなさんこんにちは!静岡県富士市にある小児科、かわむらこどもクリニックです。

ベランダからの転落という痛ましい事故がまた起きてしまいました。 窓やベランダの手すり付近には、イスや足台となるものを置いてはいけません。

いま一度、ご家庭でチェックしてください。 決して事故が繰り返されないようにお願いします。

ギンナンの食べ過ぎに注意しましょう

みなさんこんにちは!静岡県富士市にある小児科、かわむらこどもクリニックです。

秋の味覚のギンナン(銀杏)ですが、一度にたくさん食べると中毒を起こすことがあります。
中毒は子どもに多く報告されています。
ただし、成人でも偏食や飲酒などでビタミンB6の欠乏状態にあったり、大量に食べたりすると中毒を起こすことがあります。
食べ過ぎないように注意しましょう。

ギンナン中毒ではけいれんやおう吐などの症状が出ることがあります。
加熱調理しても、その毒性がなくなることはありません。

・5歳以下の子どもには食べさせない
・大人でも食べ過ぎないようにしましょう

詳しく知りたい方は以下をご覧ください。
https://www.j-poison-ic.jp/wordpress/wp-content/uploads/ginkgo20201021_2-1.pdf

10月11日は平日です!

みなさんこんにちは!静岡県富士市にある小児科、かわむらこどもクリニックです。

ご注意ください!
10月には祝日はありません!!

カレンダーでは10月11日が『スポーツの日』になっていても、この日は平日なのでご注意を。
周りの人にも教えてくださいね。

母はわざわざスマホのカレンダーに祝日と入力していました(汗)。

インフルエンザワクチンの予約

みなさんこんにちは!静岡県富士市にある小児科、かわむらこどもクリニックです。

明日10月1日9時から2021年度のインフルエンザワクチンの予約受付を開始します。

ワクチンの入荷が昨年より減り、皆さまのご予約をすべて受けるのが難しい状況です。 こちらをご確認のうえ、予約をお願いします。

https://kawamura-kodomo.jp/influ/

マスクの着用をお願いします

みなさんこんにちは!静岡県富士市にある小児科、かわむらこどもクリニックです。

感染対策としてマスクの着用は有効です。 シミュレーションの結果によれば、マスクの素材は不織布がより高い性能(マスク捕集効率)を示す傾向がみられています。 できれば不織布マスクの使用をお願いします。

また、マスクはすき間のないよう顔にフィットさせた方が効果が高いことが示されています。

できれば不織布マスクを使い、鼻の部分は折り曲げて顔に沿って着用するなど、正しく使用してください。 ワクチン接種済みの方も含め、会話の時はマスクを着用し、感染対策を徹底しましょう。

新型コロナワクチン注意が必要な誤情報

みなさんこんにちは!静岡県富士市にある小児科、かわむらこどもクリニックです。

厚労省が新型コロナワクチンに関する注意が必要な誤情報についてまとめてくれました。

・ワクチン接種により遺伝子(染色体)に変化が生じる →ワクチンで注射するmRNAは短時間で分解するので、人の遺伝情報(DNA)には組み込まれない。

・ワクチン接種により不妊症になる →ワクチンが原因で不妊になるという科学的な根拠はありません。

などありますので、ぜひ読んでみてください。 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000829138.pdf

子どもの血液型について

みなさんこんにちは!静岡県富士市にある小児科、かわむらこどもクリニックです。

最近は減ってきましたが、お子さんの血液型を検査したことがないので心配、というご相談を受けます。

しかし、通常お子さんの血液型を知らなくて困ることはありません。

輸血など血液型が必要な時はその時に検査します。
親御さんの申告や自己申告、名札に書いてる血液型をもとに輸血することは絶対にあり得ません。

入園や就職の際の書類に記載する欄があっても、一般的には「不明」で提出して問題ありません。

ぜひ、16歳になったら献血をしましょう!
そこではジュースももらえるし血液型も希望すれば教えてくれますよ。

現在の新型コロナウイルス感染流行下での学校活動について

みなさんこんにちは!静岡県富士市にある小児科、かわむらこどもクリニックです。

日本小児科学会および日本小児科医会がコロナ流行下での学校活動に関し提言を発表しました。

要点をまとめると

・流行第5波は感染性がより高いデルタ株が主流となっており、成人にも子どもにも陽性者が急増し、特に子どもの増加率が高くなっている

・一斉休校を行うのではなく、各地域の感染状況に合わせ学級閉鎖や分散登校を考慮

・学校、塾、学童保育で感染対策の徹底が極めて重要

・休校に伴い仕事休まざるを得ない親への配慮要 ・不織布マスクは感染予防に重要な役割!

詳しいことをご覧になりたい場合は以下の詳細からどうぞ。

http://www.jpeds.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=131

妊婦さんへのコロナワクチン接種

みなさんこんにちは!静岡県富士市にある小児科、かわむらこどもクリニックです。

妊婦のコロナ患者の痛ましい事故が起きました。 なくなった子どものご冥福をお祈りします。

日本産婦人科学会、日本産婦人科医会、日本産婦人科感染症学会が 「妊産婦のみなさまへ ―新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて(第2報)―」を出しましたのでご紹介します。

①アメリカ疾病対策センター(CDC)は妊婦さんへのワクチン接種を強く推奨する声明を出しています。 わが国においても、妊婦さんは時期を問わずワクチンを接種することをお勧めします。

②妊婦が感染する場合の約8割は、夫やパートナーからの感染です。 そこで、妊婦の夫またはパートナーの方は、ワクチンを接種することをお願いします。 と、妊婦さんはもちろん、その夫またはパートナーもワクチン接種が重要です。 富士市では妊婦さんに対して、コロナワクチンの早期接種を開始しています。

・早期接種を希望する妊娠している人 妊娠中に新型コロナウイルスに感染すると、妊娠後期は、わずかですが重症化しやすいとされていることから、早期接種を希望する人には接種券を発送します。 妊娠している人の同居の配偶者・パートナーも、早期接種の対象になります。 妊娠している人やそのパートナーで早期に接種を希望する人の接種券の申込みを8月21日から受け付けます。 申込みを受け付けたのち、接種券を発送します。

ご希望の方は、富士市ワクチン接種コールセンター(電話0120-567-970)へお電話ください。